富士山の絵がある銭湯

ハーマンの歴史とハーマンの給湯器の特徴

ハーマンの歴史

ハーマンの歴史ハーマンは昭和5年に事業を始め、日本で初めてとなるビルトインコインのを製造しました。

昭和9年に飲料用の湯沸し器を開発したことがのちの給湯器のルーツとなっています。

昭和29年にはガス開放型のストーブを製造し、その後は電池式点火機構のホーロー製コンロやレンジ、オーブンなど次々と生産しています。

他にもワンタッチ式ガスコンセントを製造するなど、日本で初めてとなる製品を次々と開発しているので、ハーマンは日本の給湯器のパイオニア的な企業と言えるでしょう。

ハーマンの給湯器の特徴

キッチンのお湯もたっぷり使えますハーマンの給湯器は、コンパクトでありながらもパワフルで性能がとても高いのが特徴です。

ハーマンの給湯器が高性能なのは、技術力がとても優れているからですが、日本のガス製品では長い実績と信頼が高いので、給湯器を交換する時はハーマンの製品に交換する人も多いです。

ハーマンの給湯器についている機能は、マイコン搭載不完全燃焼防止システムやインターロック機能がついているので安全に使用できると評判がいいです。

省エネ基準もクリアしているので環境にも優しいといえます。

1分間に6Lのたっぷりの湯量で使い勝手もかなりアップしているのもハーマンの給湯器が人気がある理由でしょう。

^